kayowai

「人生にはピークがあってそこを過ぎれば後は転がり落ちるだけという考え方を止めたい」編集長はそう語る。
「見た目が一番」の考えにとらわれたコックス。何度も注入剤を入れた結果、顔が変わってしまったと語る。
やりたい事をどんどん捨てないと、私はこれから生きていけないんだな、と思った。
「しわ取りをしようと考えたことはありません。そんなことをしたら、顔は生き様を失ってしまうから」
この魅力あふれる女性たちは、加齢(エイジング)の素晴らしさを証明する。
適度に、そして活発に運動をするかどうかで、年齢に関係した体重増加を食い止める可能性が高いとわかった。
15年くらい前に言われた「50過ぎたら楽になるわよ」の意味は、少しわかってきた気がする。わかってきたというか、時々「ああこれか」と体感できるようになった。
「子育て」とは、子どもの潜在能力を伸ばすための"ケア"であり、「介護」とは、高齢者に残された能力を活かすための"ケア"であると捉えると、「子育て」と「介護」には重要な共通点があるようだ。