kazankatsudo

新燃岳は、11月17日から火山性地震が増加しており、火山活動が高まっていると考えられています。
噴煙が火口から100メートルの高さに上がった。
日本列島で今後100年間に巨大カルデラ噴火が起こる確率は1%とする分析結果を、神戸大学大学院理学研究科の巽好幸教授と鈴木桂子准教授が10月22日都内で会見して発表した。
5月3日午前10時2分ごろから正午にかけ、岐阜県飛騨地方を震源とする震度3の地震を6回記録、午後にも地震が群発した。