kazoku

コロナ禍の今、在宅で家族と過ごす時間が増え、「いばる夫」にモヤモヤを抱く人は多いのではないだろうか?
「誰のおかげで飯が食えると思っているんだ」。そう言っていた父は「有害な男らしさ」の犠牲者だったのかもしれない。
女性の「産後うつ」のような症状は、男性にも起こりうることが知られ始めています。娘の誕生後、「父親は強くあらねば」と力みすぎてうつに苦しんだ、ライター・遠藤光太さんによるブログです。
「子どもは無条件にかわいい」「親の愛は無償」というが、果たして本当なのだろうか?自我を持ったひとりの人間を、無条件に愛し、愛されるなんて思えない。
大人になってから知った、親と子の間に理解と思いやりがある家族関係。そういう家庭を作れるなら、私もチャレンジしてみたいという欲が湧いてきたのだ。
「おしまいの地」で書くことで、私は解放されたーーー。そう語ったのは、2年半ぶりの新作を出す作家のこだまさんだ。結婚、出産、夫婦ふたりだけの生活のこと、そして新作『いまだ、おしまいの地』への思いを聞いた。
これを読んで、私と同じく両親への寂しい想いを抱える人が孤独から解放されたら、嬉しい。
名前のある家事の周りにある、たくさんの「名前のない家事」。難しいのは、これが大きな負担であることを理解してもらうことだ。
母は、「あなたを産んだことは後悔していない」と言う。けれど、彼女の人生を壊したのは私なのかもしれない。
全米オープンで勝利したウィリアムズ選手。3歳のオリンピアちゃんは、Instagramフォロワーを60万人以上を持つ人気者です😊