keidanren

経団連の榊原定征会長は原発の再稼働について、「速やかに再稼働すべきだ。国民全体の願いでもある」と述べた。
経団連の新しい会長に就任する東レの榊原定征会長とはどのような人物なのか。
経団連は、6月に退任する予定の米倉弘昌会長の後任に、東レ会長の榊原定征氏を起用する人事を固めた。経団連会長は現役の副会長から登用することがほとんどであり、OBからの就任は極めて異例。その背景には経団連の影響力低下に加えて、財界トップに対する深刻な人材不足がある。
読売新聞が伝えるところでは、大企業の交際費、一部非課税に...14年度からとの事である。私は、従来から「交際費」は企業組織や、その背後にある社会を円滑に動かすための必要な潤滑油だと思っている。そういった背景があって、今回改めて「交際費」の意味について考えてみる事にした次第である。
甘利明経済再生相は22日、政労使会議など一連の会議後の記者会見で、復興特別法人税の前倒し廃止に向け賃金上昇への道筋が明らかになってきたと述べ、前倒し廃止の環境が整ったとの認識を示した。
今回訪中したのは、張富士夫トヨタ自動車名誉会長や米倉弘昌日本経団連会長以下、日中経済協会のメンバー約180名。中国の経済貿易促進団体である中国国際貿易促進委員会の招待で訪中が実現した。
冬のボーナス、大手平均は約82万円の見込みだ。しかし、上がるのは、一部のみかもしれない。業種別に見ると、特に非製造業では、ほぼ変わらないという数字が見えてくるのだ。
経済協力開発機構(OECD)が先月発表した加盟国の教育に関する調査結果「図表でみる教育2013年版」。この調査によると、大学など高等教育機関に在籍する日本人のうち、海外に留学している学生の割合は、日本は1.0%で、比較できる加盟国33カ国中、ワースト2位だった。OECDは「奨学金などの資金面での支援のほか、帰国後、海外での経験や学業がしっかりと評価される制度も必要だ」としている...