keijidoshazei

トヨタ自動車は21日、2015年のグループ(ダイハツ工業、日野自動車含む)の世界販売台数を、前年より1%少ない1015万台とする計画を発表した。計画通りなら、東日本大震災があった11年以来、4年ぶりの前年割れとなる。
政府は2月7日の閣議で、軽自動車税(市町村税)を2015年度分から増税することなどを柱とした地方税改正案を決定した。
軽自動車税について「もう、新車を買ってくれる人のことしか頭にないのでは...」と思うのは、なかなか新車に買い換えることが出来ない者のひがみだろうか。自工会の「事業内容」には「自動車産業における知的財産の保護に関すること」という項目こそあるが、なるほど「文化」「歴史」「遺産」という言葉は一切ない。
軽自動車税が1万円を超えることになりそうだ。政府・与党が検討している自動車税の見直し案によると、消費税率が10%になる2015年10月に合わせ、年7200円の軽自動車税を1万円以上に増税するという。
自動車取得税の廃止に伴う代替財源として軽自動車税の増税議論が浮上していることをめぐって、軽自動車大手スズキの鈴木修会長兼社長が「弱い者いじめと感じる」と述べたことについて、ハフィントンポストの記事やブロガー・凜さんの記事「スズキ会長の軽自動車税増税反対発言は理解できるか?」で取りあげたところ、多くのコメントが寄せられた...
スズキの鈴木修会長兼社長が28日に開催された、軽自動車の新車発表会で、軽自動車税が来年4月の消費税増税に伴い、引き上げられる可能性があることについて「弱い者いじめで、悲しい」と抗議したことについて少し。
スズキ<7269.T>の鈴木修会長は29日、自動車取得税の廃止に伴う代替財源として軽自動車税を増税するとの議論が浮上していることについて、「弱いものいじめと感じる」と語った。都内で開いた新車発表会で記者の質問に...
軽自動車税が上がる?『自動車取得税』を引き下げる代わりに、『軽自動車税』など車の排気量に応じて課税する『自動車税』の値上を、総務省が検討していることが8月22日に明らかになった…