keikitaisaku

民間設備投資は、輸出の減少、重化学工業の過剰設備の削減、金融機関の厳しい融資姿勢、期待成長率の低下等を背景に、伸び率の減少が一段と顕著となっている。
10%への引上げができる経済状況をアベノミクスによって実現するという安倍政権の公約が失敗したことは明らかです。
自分は普段、住宅購入の相談・アドバイスを提供しているので、家が沢山売れるほど客数は増える。しかし、住宅購入支援のカンフル剤は全くと言っていいほど歓迎できない。
2015年10月に予定している消費税率10%への再引き上げを延期するとともに衆議院を解散する案が急浮上している。
内閣府が8月23日に発表した「国民生活に関する世論調査」によると、現在の生活に「満足」と答えた人が70.3%(前年比0.7ポイント減)で、2008年の調査以来6年ぶりに低下した。
景気に敏感な職業の人たちは、今後の景気についてどのような判断を行っているのか。景気ウォッチャー調査に寄せられた意見を紹介する。
安倍首相は「倍返しならぬ5倍返しだ」と自賛した。過去1年間の株価上昇が、エコノミスト予想の5倍に達したと指摘した。
政府は「児童手当」を支給している世帯に対して「子ども1人あたり1万円」の一時金を配る措置を盛り込む方向で調整に入った。景気の腰折れを防ぐねらいだ。
安倍首相が消費増税の表明と同時に発表した経済政策「経済政策パッケージ」は、本当に賃上げにつながるのかと懸念する声が出ている。