keimusho

ダ・シルヴァ受刑者は麻薬密売の罪で73年の懲役刑に服していたが、面会に来ていた19歳の娘を残して脱獄しようとしたようだ。
この映画で囚人を演じている大半は実際の刑務所を経験した元囚人たち。タトゥーも全て本物だ。
給食は受刑者24人が交代で調理していたという
「ものづくりを通して自分に合った技術を身につけ、前に進んでいってほしい」
刑務所内で、生理中の女性たちは過酷な状況に置かれてきた。
アメリカ・オハイオ州の刑務所で、受刑者が自作したパソコンで隠れてポルノ画像などを見ていました。
カリフォルニア州の囚人の75%以上が、出所1年後も就職できていない。そんな現状を、「プログラミングを通じて変える」と一人の男が決意した。
「血も涙もないもう一つの麻薬密売戦争だ」