keimusho

「100%信用できる人はいなかったので、誰にも何も言えませんでした」
夜はすでに入れない客が出るなど、順調な賑わいを見せている。10人の従業員のうち3人が出所者や引きこもり経験者だ。
刑務所の囚人数が多すぎて、社会が負担する費用が膨れ上がっていることが問題になっているアメリカ。独自の取り組みを始めた刑務所もあり、成果をあげている。
ニューヨーク市を流れるイーストリバーの中にあるライカーズ島刑務所では、未成年の受刑者と動物保護施設で保護されている犬がともに助けあうプログラムがある。
インディアナ州インディアナポリスの郊外にあるペンドルトン刑務所には、受刑者たちが猫の世話をしてお互いを助け合うユニークなプログラムがある。
1人でも多くの方に刑務所医療に興味を持ってもらい、皆さんに少しでも何らかの刺激を感じてこれまでの行動に変化を起こしていただければ幸いである。
[アンマン 4日 ロイター] - ヨルダン当局は、過激派組織「イスラム国」が釈放を求めていたサジダ・リシャウィ死刑囚の死刑を執行した。
2004年、彼女はウォール・ストリートでの安定した仕事を捨てて、"Calling"(天職)にしたがってテキサスの監獄にやってきた。
ある清々しい春の朝、ホスピスは重苦しいムードに包まれていました。その日の朝、新しい患者さんの息子さんが刑務所からお見舞いに来たのです。
上の動画は、「私たちを幸せにしてくるものは何か」という疑問を追求したものだ(「HuffPost Live」の元アンカーで、現在は「TakePart Live」のアンカーを務めるジェイコブ・ソボロフ氏が制作)。