keisatsu

川崎市川崎区の多摩川河川敷で中学1年生の上村(うえむら)遼太さん(13)が遺体でみつかった事件で、殺人容疑で逮捕された18歳の無職少年の父親は「息子は今回の殺人には関与していないと話しておりました。
東京マラソンでは東京五輪を見据え、テロ対策で警察官がコースを走って警戒する「ランニングポリス」が初めて導入された。他にも語学ボランティアも初めて配置された。
暴力団に対する排除運動の高まりや強制捜査などを受けて、組織から抜ける組員が増えている。昨年末の福岡県内の暴力団構成員の数は、暴対法が施行された1992年以降最少
パトカーに車が止められたら、良い日が悪い日に、悪い日ならもっと悪い日になってしまう。そうでない場合は、警察官が切符を切る代わりに、クリスマスの買い物を手伝ってくれるかもしれない。
藤井美濃加茂市長の事件、9月4日の第4回期日で公判前整理手続が終結し、第1回公判は9月17日午後4時から開かれることが決まった。我々弁護団は、その第4回期日の直前、市議時代の藤井市長に30万円の賄賂を供与したと供述している人物(以下、「贈賄供述者」と言う。)を、有印公文書偽造・同行使、詐欺の事実で名古屋地方検察庁に告発した。
8月23日午後10時過ぎ、藤井美濃加茂市長の保釈請求の却下決定に対する準抗告が認められ、保釈許可決定が出た旨の連絡が入った。藤井市長の身柄拘束に対する弁護団の請求・申立てに対して、初めて裁判所の良識が示されたことがわかった瞬間だった。
みなさん、道を歩いていてこんな経験ありませんか?大通りから一本だけ中に入った一時停止や一方通行が多い道を歩いているとき。目の前を車がゆっくりと通過し、大通りに出ようとしました。その瞬間、「ピピピピピピーツ!!」これまで視界に入らなかった場所から、自転車をこいだ警察官が笛を吹きながら現れました。彼はすぐにドライバーのもとに近づき、なにかを話しています。この警察官がなにをしていたかは明らかです。ドライバーの一時停止違反を指摘したのです。
藤井美濃加茂市長の収賄事件で、昨日(8月15日)、3回目の保釈請求が却下された。公判前整理手続で、中林の贈賄供述以外、すべての検察官請求書証に同意しており、もはや「罪証隠滅のおそれ」はないはず。しかも、一昨日夕刻の、裁判官と面接した弁護士の話では、裁判官も好印象で、保釈金の話まで出たということだったので、今回の保釈は間違いないだろうと思っていた。予定の時間をかなり過ぎた時刻に出たのは、全く予想外の却下だった。
1979年9月、千葉県野田市で下校途中の小学校一年生の少女が行方不明となり、その後、竹藪の中にある古井戸から遺体で見つかった事件。いわゆる「野田事件」で警察が目を付けたのは、現場近くに住む知的障害を持つ男性、35年前の青山さんでした。
ウガンダ関係当局は、ホームレスの子どもたちに暴力を働いたり、成人と一緒に留置場に放り込むのではなく、保護して助けるべきだ。政府はこうした子どもたちの恣意的な一斉検挙を停止し、人権侵害から守らねばならない。