keizai-sangyoseisaku

行政にとって経済・産業方面は極めて苦手な分野、大きな方向性としてはとにかく「市場に介入しない」ことです。