keizai

日米当局が米ボーイング787型機の運航再開を認可したことで、バッテリーを製造するジーエス・ユアサコーポレーションは、経営課題の一つに区切りをつけた格好となった。 運航停止に伴う補償の動向などなお不透明な部分が残るものの、需要増が見込まれる787機向けのリチウムイオン電池は引き続き1社での供給が続く見通し。ただ、同社が成長戦略の柱の一つと位置付けるリチウムイオン電池事業を拡大するためには、同電池の万全な供給体制の維持と従来以上の安全重視の生産管理体制の構築が求められる…
日銀が26日に公表した「経済・物価情勢の展望」(展望リポート)は、2015年度の2%物価上昇実現の不確実性の高さを自ら認めるシナリオとなっている…
日銀の大胆な金融緩和を背景とする円安で、ドイツの輸出企業は日本企業とあらたな競争に直面しており、投資家にとりドイツの勝ち組企業を選定する作業を困難にしている…