keizaikakusa

デフレ脱却に向けた消費拡大には、1人ひとりのライフスタイルにおけるこだわりを顕在化するプレミアム消費が、ひとつの有効な方策ではないだろうか。
「病院内保育所の地域住民への開放」など、具体的な待機児童解消プランについてご紹介します。
国ごとの個人資産で比べると、アメリカや日本は実際の地図とくらべて巨大になる。
「ジェンダー平等推進と女性の地位向上」という国際社会の目標の達成に大きく貢献しているのが、グラミン銀行を始めとした各種支援機関によるマイクロクレジットである。
2000年に国連ミレニアム・サミットで採択されたミレニアム開発目標(Millennium Development Goals)が、昨年2015年にその達成期限を迎えた。
貧困家庭は親の「自己責任」という意見もあります。でも、親が悪いからという理由で、子どもたちを放っておける社会は無責任です。
昨年末に『続・百年の愚行』を上梓した。2002年に刊行した『百年の愚行』の続編で、「百年」は20世紀を、「愚行」は人類が犯した戦争、差別、迫害、環境破壊、経済格差の拡大などを指す。
貧困状態の中で専業主婦でいる子育て女性は、全国で50万人以上いると推計されるが、働く意欲があっても働けなくなっているという研究結果が発表された。
ビル&メリンダ・ゲイツ財団の年次書簡が公表された。日本語版も3月6日からアクセスできるようになっている。今年の年次書簡のテーマは、ビル・ゲイツと妻のメリンダの描く15年後の世界の予想図だ。
ピケティ著『21世紀の資本』(みすず書房)の発売以来、格差に関する議論が絶えない。