keizaiseicho

7月29日に国際連合は、2015年版の世界人口推計を公表している。2012年版では、主要国の中で人口減少に転じている国として、日本以外にロシアやドイツを確認することが出来た。
世界銀行グループは、「世界教育フォーラム2015」の開催を前に、結果重視型の教育支援を今後5年間で50億ドルに倍増すると発表した。
ヨーロッパ・中央アジア地域(ECA)は、原油安とロシアの景気減速が域内の多くの国に重圧となる一方で、ユーロ圏は、低い原油価格に加え、緩やかな景気回復の恩恵を享受している。
女性活躍推進の動きが具体的になってくると、各企業で管理職や役員等のポストを巡る競争がより厳しくなる等の具体的な影響が見えるようになり、なかには女性活躍推進に対する疑問が顕在化するケースも出てきたようにみえる。
「難民」は世界的な大きな政治問題となっている。この映画の様に紛争・ 災害によって本来の居住地を離れざるを得なくなった人々で大変な苦難を経てきている。
原油安は2015年も続き、石油輸出国から石油輸入国へと実質所得が大幅に移ることが予想されています。
アベノミクスの評価に関しては、第一の矢はコスト先送りの異次元の金融緩和政策であり、第二の矢は需要先食いの財政のばらまき政策です。
オーストラリアに移住したい中国人富裕層は約1000万人にのぼる。オーストラリア政府が中国など海外の富裕層を呼びこむために新しい制度を導入すると発表した。
2011年に始まったアラブの春と呼ばれる一連の民主化運動は、多くが頓挫しているが、唯一チュニジアだけが民主化のプロセスに成功しつつある。その背景には経済成長の重要性があるようだ。
「直し方のわからないものを、これ以上壊すのはやめてください」当時12歳だったセヴァン・カリス=スズキさんがこう国連のリオ地球サミットで訴えたのは1992年のことでした。6分間の渾身のスピーチは、「伝説のスピーチ」として世界を駆け巡り、今も感動を呼び続けています。