kenpokaisei-choheisei

国を守るために銃を取って戦うこと、それを拒むとはどういうことなのか。2015年1月に再来日した李イェダさんと、雨宮処凛さんに聞いた。