kenpokinenbi

安倍晋三首相は、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で緊急事態宣言による外出自粛や休業の要請が続いている状況に触れ、緊急事態条項について「国会の憲法審査会で議論を進めるべきだ」と訴えた。
「これでいいじゃないか」――。日本国憲法起草のもとになった連合国軍総司令部(GHQ)草案の受け入れをめぐり、1946年2月22日に昭和天皇が幣原(しではら)喜重郎首相(当時)と面談した際の天皇の発言を示すメモが、憲法学者の故宮沢俊義・東大教授のノートに記されていたことがわかった。
5月3日は69回目の憲法記念日。5月3日は憲法の施行日ですので、この11月3日には現憲法が公布され70年を迎えることとなります。
「公」も大切です。ただし、それは「個」が尊重されることが前提です。私は、「個」よりも大切な「公」などないと考えています。そして、その絶妙なバランスの上に、私たちの生活と将来は守られているのです。
戦後70年から71年目の憲法記念日にかけて、これほど「憲法」という言葉がメディアに登場し、これほど多くの人が「憲法」について語った1年間はなかっただろう。
舞の海秀平さんが、日本人力士の「甘さ」は日本国憲法の前文の影響だとの考えを示した。
海外視察は二か国目、スイスに突入しております。 本日はチューリッヒに滞在です。
憲法改正が現実味をもって叫ばれる今だからこそ、<9条だけじゃない憲法の価値>を再認識し、あらためてその役割に思いをはせることが必要なのだと思います。
昨日は憲法記念日でした。国会で国民投票法改正案が審議され、また集団的自衛権の議論が活発になっている中での憲法記念日。各地で様々なイベントも行われました。私も5/1からは、街頭演説のテーマを憲法に絞って訴えてきました。僭越ながら、現在の憲法をめぐる議論についての私の見解も書いておこうと思います。