kepurauchuboenkyo

通称「タビーの星」がなぜ暗くなっているのか、謎が深まっている。
NASA史上、最も地球に似ているといわれる惑星「ケプラー452b」。これまで発見された惑星とは何が違うのか?
海と生命が存在する可能性がある地球型の惑星が、新たに8個発見された。そのうち2個は、今まで発見された系外惑星の中でも、最も地球によく似ているという。今回の発見で、公転している恒星から「生命居住可能な領域」にあると考えられている小さい系外惑星の数は倍増することになる。
宇宙には我々以外に生命体はいないと考えるのは極めて非現実的である。NASA (アメリカ航空宇宙局) の専門たちはこのように述べており、宇宙人を発見する日もそう遠くはないようだ。実際に、20年もすれば発見されるかもしれない。
アメリカのNASA(航空宇宙局)は4月17日、地球によく似た惑星「ケプラー186f」を見つけたと発表した。地球から500光年離れた位置に存在するという。
アメリカ航空宇宙局(NASA)は2月26日、ケプラー宇宙望遠鏡が2009年から2011年にかけて観測したデータをもとに、太陽系外に新たに715個の惑星を発見したことを発表した。その内の4つの惑星は、それぞれが公転している恒星から適度な距離にあり、生物が誕生可能な環境にあると予測されている。
NASAは18日、地球に似た惑星を3個発見したと発表した。これらの惑星には、生命が存在するために必要な水も存在する可能性が高いという…