kibonoto

私は、既にルビコン川を渡り、大きな一歩を踏み出した。後戻りすることはない。
今後も「政党」として活動していくなら、現規約を根本から改めるべきだ。
​​​​​​​ それは「政策的な立ち位置の整理」です。 27日に総選挙後初の両院議員懇談会、総会が行われました。私がその場で強く主張したことは「政策的立ち位置の整理」の必要性です。 多くのメディアでも、色んな人がそれぞれ話されるので、私自身
立憲民主党と統一会派を組まないのはなぜ?
ここから、どのように小池知事は事態を収拾して好転させていく術があるのか。
ここから教訓を汲み取り新しい陣地をつくる可能性は、実は広がっていると思います。
「いじめる側」と「いじめられる側」、どう映るかで雲泥の差…。
なぜ誤った選挙報道をしてしまったのか検証してみてはどうですか?
「希望の党はもちろんのこと、与党野党にかかわらず幅広い合意を」