kiga

私たちは、一体いつまで「大量生産・大量消費」の生活を続けたいのだろう。
常に危険と隣り合わせのスーダンで、より効率的・効果的に人道支援を行うために、デジタル技術を活用した、21世紀型の食糧支援や避難民の登録管理システムとは?
エルニーニョが意味するのは、先進国では暖冬でスキーができない、ということかも知れない。けれどもエチオピアのような世界の最貧国では、飢えを意味する。
やつれた子供たちの写真は、世界中の懸念を集めている。
9月25日〜27日に、ニューヨークの国連本部で開催される「国連持続可能な開発サミット」では、新たな野心的な持続可能な開発アジェンダを採択することになっています。
アメリカでは実は数千万人の人たちが飢えに苦しんでおり、特に子供たちは、給食がなくなる夏休み中は飢餓の問題が深刻になる。この問題に立ち向かうために「ドイツはアメリカを救う」という広告が作られた。
お腹を空かせた子供に食事を与えてあげるのは、人生を変える体験です。そして私たちはみんな、それができる力を持っています。
ズラタン・イブラヒモビッチは、なぜイエローカード覚悟で、ユニフォームを脱いだのか。そこには理由があった。
ナショナル・ジオグラフィックと食糧救援団体「Feeding America」は世界中の写真家たちに呼びかけ、世界のあらゆるところで飢えに苦しみ、またそれと闘っている人びとの姿を捉えた写真を募集した。その結果、「The Story of Hunger and Hope(飢えと希望の物語)」と題されたこのプロジェクトに、世界中から5千枚以上の写真が寄せられた。
安倍首相がコートジボワールを訪問した。コートジボワールといってもアフリカの一体何処にあるのさえ分らない国民が大部分と思う。西アフリカ、サヘル地区に位置し、以前説明した東西イスラム回廊の西端に位置する。私は今回の下記日本政府による西アフリカサヘル地区への飢餓対策を高く評価している。