kigyokeiei

筆者は日銀の手法に問題というか、勿体無い点があると考えている。それは…
確率の問題というより、文章の読解力を問う、国語の問題のようでもある。
「三菱自動車」に対する社会の信頼は完全に地に堕ちており、自動車メーカーとして存続すること自体が相当に困難だと言わざるを得ない。
4月に入り、新たに広報マネジャーに就任した人も少なくないだろう。実のある実務と効率的なマネジメントのために、期初に取り組みたい仕事を3つのポイントで紹介する。
金融庁は機関投資家の投資先企業の持続的成長に対する責任を明記した「日本版スチュワードシップ・コード」を公表。企業の責務を示す「コーポレートガバナンス・コード」も6月には施行される。
企業大国アメリカでは、人材の多様性(ダイバーシティ)を尊重すると明らかに冷ややかな目で見られる――白人男性以外は。
企業統治とは、CSRの文脈では、社会的責任を果たすための経営意思決定プロセスであり、透明性や説明責任が問われる。それゆえ、経営者の「知らなかった」や「知っていて行動しなかった」ことは許されず、これに的確に対応できる企業統治の構築が急務である。
会社組織の運営は難しい。そしてその難しさの本質は「多様性を維持しつつ、まとまりを保たなくてはいけない」という部分にある。
電通PR内に、企業経営や広報の専門家(大学教授・研究者等)と連携して、企業の広報戦略・体制等について調査・分析・研究を行う組織、企業広報戦略研究所が設立されました。同研究所では、日本の上場企業を対象に広報活動の実態調査(※)を行い、今月18日にその結果を発表しました。今、日本企業の広報部門が抱える課題とは何でしょうか、その実態に迫ります。
よく大手の商社が発展途上国に社員を送り込むと現地がえりしてしまい、日本人らしさを失い、日本に戻ってきても使い物にならないケースがよくあるようです。僕らは日本人であり、日本の企業です。その僕らが日本人らしさ、日本の素晴らしさを捨ててしまったら、何が残るのでしょうか?