kijimaeito

車いすの男性がバニラ・エアの旅客機に搭乗することを拒否され、自力でタラップをよじ登ったことは大きな反響を呼んだ。本人がこの問題について改めて振り返った。
バニラ・エアが掲げる「自力で歩けない人は搭乗できない」というルールには、はたして客観的な正当性があるのだろうか。
格安航空会社バニラエアが6月5日、奄美空港で「歩けない人は乗れない」として、下半身不随の男性が車椅子に乗った状態で搭乗することを拒否した。これを受けて男性は、車椅子を降りて腕の力でタラップをよじのぼって搭乗した。