Kimono

コロナ禍で、世界の多くのミュージアムがバーチャルでの「映像ツアー」をオンラインで発信している。ヴィクトリア&アルバート美術館『KIMONO』展を通して、リアルなアート鑑賞と映像ツアーの体験の違いについて、ロンドン在住の美術家・吉荒夕記さんが考察します。
着物を通して「女性/男性らしさ」という画一的なジェンダーイメージを打ち破ることに挑む、アーティスト・高橋理子さんにインタビューしました。
カーダシアンさん側に抗議文を送付していた京都市が文書を発表しました。
「KIMONO(キモノ)」のブランド名変更へ。カーダシアンさんが表明しました。
「KIMONO」というブランド名を再検討するように求めた京都市。きもの文化を守りたいという意志を感じます。
「Kimono(着物)」という名称をブランド名に起用し、文化の盗用ではないかと波紋を呼んでいる。渦中の本人がニューヨーク・タイムズ紙に声明を寄せた。
「はれのひ(harenohi)」で振り袖のレンタルや着付けを依頼していた新成人からの報告が殺到している
がんになったら人生は終わりではなく、新たな人生は続いていて、いつでも新しく学び始めることができます。
銘仙は、明治後期から大正・昭和にかけて生まれ、爆発的な人気を集め「日本中の女性達の関心を惹いた」と言っても過言ではない、そんな織物でした。
女優や女性タレントの艶やかな着物姿を画像でお届けします。誰が登場するでしょうか。
洋服を着る日本人が増えるにつれて、西洋圏の人々が日本の伝統的な芸術、文化、スタイルから目が離せなくなっていった。
世界中の人がそこで着物の素晴らしさに触れ、また世界中のデザイナーがそこをインスピレーションを得る場所にしてくれれば、これほどワクワクすることはないのではないだろうか?
寺社仏閣巡りや古い街並み散策など、秋はしっとりと落ち着いたスポットへお出かけしたくなるもの。そんなときに、着物を着ていたら、非日常気分が盛り上がります。
ボストン美術館は7月7日、巡回展で行われていた着物の試着イベント「キモノ・ウェンズデー」を「人種差別だ」という抗議を受けて中止にした。
アンティーク着物の売買を生業としていると、ときに不思議な着物に出会う。先日、アンティーク着物の業者が集まる市場で、写真のような着物が出て場が湧いた。