kimu-yona

朴槿恵大統領の知人女性による国政介入疑惑は、フィギュアスケート女子選手のキム・ヨナも被害者だという報道が話題だ。
世界15カ国のそれぞれで、最も影響力のある(市場価値の高い)女性アスリートを選びました。
ソチ冬季オリンピックが幕を閉じた。今回のオリンピックは韓国人にいい思い出だけを残したとは言えないだろう。釈然としない判定で金メダルを逃したキム·ヨナ選手のためだ。キム·ヨナ選手の件で、想像以上に多くの人々が怒った。
ソチ五輪のフィギュアスケート女子シングルでキム・ヨナ(韓国)が銀メダルに終わった判定を巡り、韓国スケート連盟(KSU)は21日、国際スケート連盟(ISU)の会長に面会し、判定がISUの規則と手順に公正に基づいて行われたかどうかを確かめるよう公式に求めたとする声明を発表した。
ソチオリンピックは2月14日(現地時間)、フィギュアスケート女子シングルのフリープログラムが行われ、前日のショートプログラムで16位と出遅れた浅田真央が、フリーではトリプルアクセルなど6種類の演技を成功させ、自己ベストを更新する142.71点で合計198.22となり、6位入賞を果たした。
安藤美姫さんが、ソチオリンピック女子フィギュア・ショートプログラムを滑った浅田真央選手を激励した。
ソチオリンピック・フィギュアスケート女子シングルのショートプログラムは浅田真央が、トリプルアクセルの転倒などジャンプのミスが響き、得点は55.51点。16位と出遅れた。キムヨナ(韓国)が74.92点をマークしてトップに立った。
フィギュアスケート女子ショートプログラム(SP)の滑走順抽選が17日、「アイスベルク・パレス」で行われ、浅田真央は5組の最終滑走の30番で滑ることが決まった。