kinyuseisaku

黒田東彦総裁を中心に、このところ日銀幹部の発言が微妙かつ明らかに変化している。
日本銀行が2016年9月にイールドカーブ・コントロールを導入して1年が経過した。
世界的にもマイナス金利政策の注目度は益々高くなっている。
NY市場ではダウ平均株価が史上最高値を更新し続けている。
2012年からの雇用指標の改善で、最近のアベノミクスの成果を主張するのは、それほど説得力はありません。
今回、FRBが1年ぶりの利上げに踏み切った背景には、米国経済の拡大が順調に続いていることがあります。
日銀はETFを大量に買う目的を「リスクプレミアムを下げるため」と説明しているが...
日銀が9月20、21日物価上昇目標2%に関する総括的検証と金融政策の新しい枠組みを発表し、9月30日には集中審議を行うための経済財政諮問会議が開催されました。