kisetsu

朝晩が涼しくなり、秋の訪れとともに金木犀(キンモクセイ)がふわっと香り始めています。
気温の高い傾向が続くことから積雪の多い地域では雪解けが急速に進み、川の水位が高くなったり、雪崩の発生の可能性が出てきますので、注意をしてください。
「夏も近づく八十八夜」と、「茶摘み」の歌を思い出す方もいるのではないでしょうか。
カレン州で一年を過ごしていると、現地の人々がそれぞれの季節を受け入れ、生活に取り入れているのを感じます。
上巳(じょうし)の節句・ひなまつりも過ぎ、3月5日は、二十四節気「啓蟄(けいちつ)」。七十二候では「蟄虫啓戸(すごもりむしとをひらく)」となりました。
快適な日が年間で最も少なかった都市の上位には、釧路、旭川、札幌、青森、盛岡と、寒さの厳しい北日本勢が顔を揃えました。
コロンビア大学メディカル・センターの研究グループが、「生まれた月は、心臓病やウィルス感染、ADHD(注意欠陥・多動性障害)などの健康障害と関係がある」という研究結果を米国医療情報学会誌に発表した。
世界には日本と同じように、花によって季節を感じることのできる花木が多くあります。いくつか見てみましょう。
二十四節気は太陽の運行をもとに一年を二十四に分けた季節の言葉。 冬至と夏至で二等分し、それを春分と秋分で分けて...... 二十四等分すると、一つの節気はほぼ十五日になる。