kishi

『将棋めし』作者・松本渚さんが語る棋士と食事のユニークな関係とは
羽生善治氏の妻もスポーツ分野などで活躍する若者の名前を挙げ、「中高生の活躍を温かく励まし見守り育てる成熟した大人の社会が、日本を発展させる」と冷静にコメント。
直観的な戦略決定は、大脳の帯状皮質と呼ばれる領域を中心に行われている可能性が高い。国立研究開発法人理化学研究所が将棋の棋士を対象にした研究で突き止めた。
将棋のアマチュア強豪で、会社員の今泉健司さん(41)がプロ編入試験に合格。27年がかりの夢をかなえた。