kitachosen-gazo

そこで目にしたのは、北朝鮮政府が外国人に見せたがるものとはまったく違う光景だった。
わずか1年余りで建てたアパートのため、懸念の声も出ている。
おいおい、ここが本当に北朝鮮だって?
どこか懐かしい。それでいて、手が届きそうで届かない「近くて遠い国」。
北朝鮮の実情に衝撃を受けたウィリンガーは、ガイドブックに載っていた画像と、実際の北朝鮮で撮った写真を重ねた作品を制作した。
「チャンデヒョン学校」は、韓国南部の釜山・慶尚南道地域にある、北朝鮮から脱出してきた脱北者の青少年を対象にしたフリースクールだ。実際には「多国籍学校」の側面もある。
フランスの映画監督であり写真作家でもあるクリス・マルケルが、朝鮮戦争が休戦したばかりの1950年代に北朝鮮を訪れて撮影した約140点のモノクロ写真は、韓国写真界に大きな波紋を起こした。
取材に高い旅費を払うことに、どれほど意味があるのか、という批判も受けるが、百聞は一見にしかず。制限の多い取材でも、見えてくることはある。
米グーグル傘下の「ユーチューブ」は、北朝鮮を題材にした映画「ザ・インタビュー」のネット配信をきっかけに、ネットフリックスやアマゾン・ドット・コムの有料動画ストリーミングサービスに対する本格的なライバルとして認識されるようになるかもしれない。
ソニー<6758.T>が、米映画子会社ソニー・ピクチャーズエンタテインメント(SPE)のリスク管理を強化している。 これまで映画事業の経営判断はSPEが独立して行ってきたが、北朝鮮の金正恩第1書記の暗殺を題材にした映画「ザ・インタビュー」の上映をめぐっては、平井一夫社長が、SPEのマイケル・リントン最高経営責任者(CEO)の判断を逐一承認。本社の関与