kitachosen-kakujikken

キセノン133は半減期が約5日と短く、自然界に存在しない物質のため、検出されれば核実験の実施を判断する決め手となる。
「公文書は国家・国民の病状に対するカルテです」――自衛隊PKO日報問題、森友問題などから考える。
北朝鮮はICBM搭載用の水爆実験に完全に成功したと発表。
7月29日未明、北朝鮮が弾道ミサイルを発射し、排他的経済水域(EEZ)内に落下した。北朝鮮によるICBM発射は4日に次ぎ、2度目になる。
私は、国連での仕事を通じて全世界に被爆者の言葉を広げるとともに、国際社会から拾い上げた声を日本に持ち帰るメッセンジャーとなることができます。
家族会は今後ICC検察官に対し、特定失踪者に関する人権侵害について調査と責任者の処罰を申し立てることを活動の中心に据えることを決めている。
現在の状況を「欧米的な戦略論の見地だけではなく、"東アジア流のモノの見方"で」眺めて見ると、新しい視点が見えるんじゃないかと思いました。
声明では、弾道ミサイルに装着可能な核弾頭の性能と威力を確認したとしている。
結論を言えば、北朝鮮が得るものはない。
G7首脳会議(伊勢志摩サミット)で来日したアメリカのオバマ大統領は5月26日、広島訪問を前に、朝日新聞の書面インタビューに回答を寄せた。