kitachosen-misairu

北朝鮮の弾頭ミサイルを発射を受け、トランプ大統領は「日本が我慢しているの信じられない」などとツイートした。
首相官邸は7月4日、北朝鮮から日本の排他的経済水域(EEZ)内に着水する可能性があるミサイルが発射されたと発表した。
アメリカのミサイル防衛局は6月21日、ハワイ沖で日米合同の弾道ミサイル迎撃実験を実施したが失敗した、と発表した。
弾道ミサイルとみられる飛翔体が5月29日、北朝鮮から発射され、日本の排他的経済水域内に落下した。排他的経済水域とは何か。
北朝鮮が5月29日朝、弾道ミサイルとみられる飛翔体を発射したことを受け、菅義偉官房長官が緊急の記者会見を開いた。
北朝鮮は29日朝、南東部の江原道元山付近から弾道ミサイルとみられる飛翔体を発射した。日本政府によると、ミサイルは日本の排他的経済水域内に落下したという。
北朝鮮の国営メディア「朝鮮中央通信」は5月15日、新型の中距離弾道ミサイル「火星12号」の発射実験に成功したと発表した。14日早朝に日本海に向けて発射した弾道ミサイル1発と見られている。
この「国土強靭化」を、「自然災害」に対するものだけでなく、「武力攻撃災害」にも対応できるようにすることが必要なのではないか。
同盟の本質は集団防衛、共同防衛であり、外敵に対して一致して同盟参加国を守ることである。しかし...
トランプ大統領は「強力な艦隊を派遣した。空母よりずっと強力な潜水艦もある」と北朝鮮を威嚇していたが、それは実態のないものだった。
北朝鮮が戦闘状態になれば...
現在の状況を「欧米的な戦略論の見地だけではなく、"東アジア流のモノの見方"で」眺めて見ると、新しい視点が見えるんじゃないかと思いました。
米国と同盟関係を結んだ我が国も、北朝鮮から見れば明確な敵国として位置づけられているはずです。