kitanippon-tenki

北日本で再び大荒れの天気になった。12月21日から22日にかけて「暴風や猛吹雪に厳重な警戒が必要」と、気象庁が呼びかけている。
この夏は5年ぶりにエルニーニョ現象が発生する可能性が高いと予想されています。このため、太平洋高気圧の日本付近への張り出しが弱く、梅雨前線の北上が遅れることが考えられます。全国的に季節の進行はゆっくり。梅雨入りは遅めで、初夏を満喫できそうです。
年末年始は住まいを離れ、実家や旅先で新たな一年に向けての英気を養われた方も多いでしょう。Uターンラッシュが始まりますが、きょうお戻りになる予定の方はなるべく早い時間からがおススメです。午前中は雨や雪の降る所は少なく、北日本の風も昨日よりおさまります。