kobokataharuko-stapsaibo

STAP細胞論文の著者だった理化学研究所の元研究員、小保方晴子氏(32)が3月31日、STAP細胞の作製手順などを記したサイトを開設した。
STAP細胞が発見されたとする2014年1月28日の会見から、ちょうど2年後の出版となった。
STAP細胞論文の執筆者である元理化学研究所研究員の小保方晴子さんが、手記を出版することになった。
STAP問題で、理研が不正調査や検証にかけた経費の総額が、8360万円に上ったことが分かった。一方で、小保方晴子・元研究員には、約60万円を返還請求するとしている。
STAP論文不正問題では、オープンにされていた実験データを、他の研究者が検証できたことが、追及の突破口を開いた。税金を使って得たデータは原則オープンデータとするべきだ。
STAP細胞を巡る論文不正問題で、理化学研究所の調査委員会は12月26日、記者会見し、研究論文に関する調査報告書を公表した。「すべてES細胞の混入に由来する。STAP論文は、ほほすべて否定されたと考えて良い」と断定した。
STAP細胞の論文不正疑惑が取りざたされていた小保方晴子・理化学研究所ユニットリーダーについて、出身の早稲田大学は10月7日、小保方氏に2011年に授与した博士号を取り消すと発表した。
理研の小保方晴子研究ユニットリーダーらが、発表したSTAP細胞に関する論文のうちの1本を撤回することがわかった。
理化学研究所(理研)の小保方晴子・ユニットリーダーが手がけたSTAP細胞論文で、すでに不正認定された画像以外にも、2つの画像が論文の説明と異なっているという調査を理研がまとめていたことが判明した。
STAP細胞の論文を巡る問題で、理化学研究所の小保方晴子ユニットリーダーの代理人を務める三木秀夫弁護士は、研究不正を指摘した理研の調査委員会に対する、不服申し立ての理由補充書を公表した。
STAP細胞の論文をめぐる不正疑惑で4月21日、小保方晴子さんは弁護士を通じて、不服申立の追加資料を理研に提出した。その中で小保方さんは、「真正な画像が存在する以上、捏造する意味がない」などとして、改めて研究不正ではなく、悪意のないミスによるものと訴えている。
STAP細胞をめぐる論文不正疑惑。混迷を極めたこの問題を「そもそも」から振り返ってみよう。
STAP細胞の論文不正疑惑をめぐる問題で、理化学研究所の小保方晴子さんは4月17日、本来、論文に掲載すべきだった画像など追加の資料を用意していることが明らかになった。
小保方晴子さんらが発表したSTAP細胞の論文に、不正があるとされている問題で、理化学研究所(理研)が同研究所の全研究員に、実験ノートの記録や管理の仕方などについて、アンケートを実施していることが分かった。
STAP細胞論文をめぐる問題で、理化学研究所(理研)は4月15日、論文の主要著者で小保方晴子ユニットリーダーの指導役の笹井芳樹氏(52)が16日午後に会見を開くと発表した。
STAP細胞をめぐる論文不正疑惑。混迷を極めたこの問題を「そもそも」から振り返ってみよう。
STAP細胞の論文を巡り、理化学研究所の小保方晴子ユニットリーダーは4月14日、弁護士事務所を通じて4月9日に開いた記者会見の補足資料を配布した。全文を紹介する。
混迷をきわめるSTAP細胞問題だが、ネット上では科学史上最悪のスキャンダルとなったある事件の再現を危惧する声が上がっている。2002年に起こったアメリカ・ベル研究所のヤン・ヘンドリック・シェーン(当時29歳)による論文捏造疑惑。そのてん末と教訓とは?