kobokatasan

スクエニは同社のゲームに「特定の人物を連想させる表現があった」として謝罪した。同社のゲームに「小保方晴子さんを思わせる」などという指摘が出ていた。
STAP細胞を巡る論文不正問題で、理化学研究所の調査委員会は12月26日、記者会見し、研究論文に関する調査報告書を公表した。「すべてES細胞の混入に由来する。STAP論文は、ほほすべて否定されたと考えて良い」と断定した。
STAP細胞の有無を調べている理化学研究所の検証実験で、小保方晴子氏自らが行った実験でも、STAP細胞ができなかったことが関係者の話で分かった。
STAP細胞の論文不正疑惑が取りざたされていた小保方晴子・理化学研究所ユニットリーダーについて、出身の早稲田大学は10月7日、小保方氏に2011年に授与した博士号を取り消すと発表した。
理化学研究所の小保方晴子ユニットリーダーが、STAP細胞の主論文の撤回に同意したことについて、代理人の三木秀夫弁護士が4日午後、大阪市内で会見した。
理化学研究所(理研)が現職の研究者2800人余りに、過去の論文に不正がないか自主点検を求めていたことがわかった。STAP細胞論文の不正を調査している調査委員の論文にも画像の切り貼りが指摘され、野依良治理事長が文書で指示した。
小保方晴子さんの上司でSTAP細胞論文の責任著者である、理化学研究所の笹井芳樹さんが4月16日15時から都内で会見を開く。理研が認定した論文の不正や、STAP細胞の存在などについて、どのような発言をするのか注目される。
小保方晴子さんの上司である理化学研究所(理研)の笹井芳樹さんは4月16日の会見で「大変多くの混乱を招いたことを心からお詫びします」と、小保方晴子さんらとともに手がけたSTAP細胞の問題を謝罪した。
小保方さんが、笹井さんの会見について「申し訳ない気持ち」とコメントした
小保方さんの上司にあたり、疑惑が生じた当初から「STAP細胞のキーマン」とされていた笹井芳樹氏はどんな人物なのか。