kodomo-kosodateshienshinseido

学校法人順正学園は昨秋から、子どものいる生活困窮世帯を支援する取り組みを宮崎県内で開始した。食品を届けるフードバンクと、学習支援が柱。
以前書いた「赤ちゃんにきびしい国で、赤ちゃんが増えるはずがない」というブログを生駒市の広報誌に取り上げていただいた。記事が関西のベッドタウンにつながったのだ。
今年4月から始まった子ども・子育て支援新制度も開始から半年が経とうとしている。
埼玉県所沢市が4月から、3歳未満の子どもを保育園に預けている保護者が次の子どものために育児休暇を取得した場合、在園している子どもを退園させるという制度を導入した。すでにこの制度により、少なくとも9人が退園。子育て中の働く親と所沢市との対立が深まっている。保育の現場を取材し続けているジャーナリスト、猪熊弘子さんが、この問題についてハフィントンポストに寄稿した。
「子ども・子育て支援新制度」、「生活困窮者自立支援制度」の2つの新制度がスタート。活用のための各地域の取り組みとして、福井県越前の児童養護養護施設を紹介します。
2015年4月1日、全世代支援型社会保障へのモデルチェンジの柱として検討され、社会保障・税一体改革の中で実現した「子ども・子育て支援新制度」、「生活困窮者自立支援制度」の2つの新制度がスタートした。
「子ども・子育て支援新制度」、「生活困窮者自立支援制度」の2つの新制度がスタートした。新制度を生かしていくために、その意義と取り組みのポイントを整理しておこう。
今年度から「生活困窮者自立支援制度」がスタートした。支援事業の柱は相談窓口の設置に留まっているが、細目のひとつに子どもたちの学びの機会を整備するものがある。
本日から新たな子ども・子育て支援制度がスタートする。
国が4月から開始する「子ども・子育て支援新制度」。皆さんご存知だろうか?
昨日は世田谷にある児童養護施設「東京育成園」に視察に伺いました。これまで訪れた星美ホーム、石神井学園はどちらも定員が100名を超える大規模施設だったため、別形態の施設も確認させていただきたく、訪問する運びとなりました。
今後ますます少子化が進行するおそれのある日本にとって、この新制度を最大限効果的に活用しなければ、安心して子どもが育てられる社会の実現から遠ざかってしまうことになる。
今回は、サッカーで言うところの、DFを国民、MFを政党、FWを政策と見立てて、今回の解散総選挙の行く末を考えてみたい。
安倍晋三首相は11月21日夜、衆院解散を受けて首相官邸で記者会見し、消費増税が先送りされることを踏まえ、消費増税の税収を財源に想定していた「子ども・子育て支援新制度」について、予定通り2015年4月から実施する方針を示した。
11月13日に開催された経済財政諮問会議「今後の経済財政動向等についての点検会合」(第2回)に出席させていただいた。 一子育て中の当事者として、そして内閣府の「子ども・子育て会議」の委員という立場から、以下の発言をしたのでその全文を紹介したい。
やはり注目されているのが「認定こども園」。定員割れが多く発生している幼稚園を、保育園機能を持つこども園に移行させることで、 既存の施設を利用しながら待機児童問題にアプローチする一石二鳥の政策です。ところがこちら、多くの報道の通り、迷走が続いています。
少子化なのに、なぜ保育園に入れない子どもがあふれるのか。そんな国民の素朴な疑問に向き合い、保育の現場取材を続けているジャーナリストの猪熊弘子さんが「『子育て』という政治」(角川SSC新書)を上梓した。2015年度からは「子ども・子育て支援新制度」もスタート。今、政治とは切っても切れない私たちの「子育て」が抱える課題について、猪熊さんにインタビューした。