子どものじかん

教育は変わった、らしい。かつて、いい会社に入るためにはいい学校を出る必要があり、いい学校に入るためには幼い頃から塾に通わせる必要があった。いい小学校、いい幼稚園、いい胎教......。日本には厳密にルール化された「トップレベルへの登り方」が整備されていた。
ちょっかいを出されたり、子供に好き勝手にされたりしたら、猫だって反撃する。そんな動画を紹介します。
小さな男の子が大道芸人のダンスパフォーマンスに参加することを決意し ―― 普通の大人がしりごみするところを ――、最高にキュートなフリースタイルダンスを演じた。
国連児童基金(ユニセフ)と国立社会保障・人口問題研究所は12月25日、『先進国における子どもの幸福度―日本との比較 特別編集版』を発表した。日本の子供の幸福度は、総合順位で先進31カ国中6位。オランダが総合1位となった。
フィンランドの作家、トーベ・ヤンソン(1914〜2001)が生んだ「ムーミン」。来年2014年はトーベの生誕100年にあたり、世界各地でイベントが開かれる。今もなお、子供にも大人にも愛されるムーミンの魅力をトーベの人生を振り返りながら探ってみた。
iPadやスマートフォン、Xboxとバランスを取るために、創造性を育て、子供を外に連れ出すことができ、そして、すごく楽しい贈り物をいくつかあげてみる。
近年、スマートフォンやタブレット端末を親子で使用する機会は増えている。こうした状況を受け、長時間にわたる使用は健全な子供の成長を妨げるとして、日本小児科学会が「スマホで子守をさせないで」との呼びかけを始めた。しかし、日々の子育ての中、子供がぐずったり、手が離せない時など、親にとって使用せざるを得ない場面は少なくない。どうしたら、バランス良い付き合いができるのか。何気なく選んでいる知育アプリがどのように開発されているのか。口コミなどで人気が広がり、2年間で13本の知育アプリが500万以上ダウンロードされたベンチャー(東京都品川区)を訪ねた。
アメリカ人であれば、感謝祭のディナーの後に酔いつぶれてしまいたいと思うことは、アップルパイと同じくらいアメリカ的なものだ。なんとなく落ち着かない場所でうたた寝をするのが失礼だと思うなら、子どもたちを見習えばいい。
『産経新聞』が掲載していた「性暴力で年少者を支配する施設の子供たち...虐待、DV、性刺激の末に」という記事がいろいろ興味深かったので、これについて少し。
少し前の記事ですが、『PRESIDENT Online 』に掲載されていた「すれ違う『婚活難民』 女が男に求める"人並み"以上の年収とは?」という記事がいろいろ興味深かったので、これについて少し。