子どものじかん

少し前の記事ですが、『PRESIDENT Online 』に掲載されていた「すれ違う『婚活難民』 女が男に求める"人並み"以上の年収とは?」という記事がいろいろ興味深かったので、これについて少し。
ハワイの人々、特に30代、40代以上の男性が、とても上手に歌える日本の歌があります。それは何だかご存知ですか? 「電流火花が...♪」 というフレーズで始まるこの曲、日本の人々からすると、ややレトロとも思われるでしょうが、人造人間キカイダーのオープニング曲、「ゴーゴー・キカイダー」なのです。
東京都葛飾区の東京拘置所で一般向けイベント「矯正展」が10月12日、開かれる。2012年から始まり、今回で2度目。昨年は大人気だった拘置所の食事を再現した「プリズン弁当」が、さらにメニューも増えて登場する。東京拘置所では、「イベントを通じて矯正に対する理解を深めていただければ」と開催に力を入れている。
子供の死は悲劇だ。最悪のことが起きて、子供を亡くしてしまった両親は、生前の姿をはっきりと記憶していたいと望むことが多い。
性にまつわる情報なんてものは、その大半が曇りがかっているもの。ならばと、その殆どをシャットアウトしてしまう。「子どものことを思って正しい性知識を」と口を揃えるのだろうが、言うまでもなく自分の股間の洗い方を知らない30代は、正しい性知識とはもっとも遠いところにある。
幼児が泣き始めると、誰もが、しばらくこの嵐は止まないと覚悟するだろう。けれども、気難しい小さい子供であっても、ほとんどいつでも泣き止ませることができる方法がある。
「私は、ある問題に悩まされている近隣の者です・・・」という書き出しから始まる手紙が、一つの家族を恐怖に陥れた。
自宅のネットワークを安全な最新の状態にすべきだとはわかっているけれども面倒だ、という人向けに、最近起こった悪夢のような事件を紹介したい。離れた部屋にいる赤ん坊をネットを介してチェックできる「ベビーモニター」が、知らないあいだに何者かに乗っ取られていたという事件だ。
「豊かさ」がこれ以上増さないとしたら、日本の若者はこれからもずっと不幸なままだ。私たちは赤の女王のように、「豊かさ」を目指して走り続けるしかない...
『ハフィントン・ポスト』が独自に入手した情報によると、今年6月に結婚した(日本語版記事)ばかりのジョージ・ルーカス監督と、妻であるメロディ・ホブソン氏との間に8月9日(米国時間)、女児が誕生した。