子どものじかん

フィンランドの作家、トーベ・ヤンソン(1914〜2001)が生んだ「ムーミン」。来年2014年はトーベの生誕100年にあたり、世界各地でイベントが開かれる。今もなお、子供にも大人にも愛されるムーミンの魅力をトーベの人生を振り返りながら探ってみた。
iPadやスマートフォン、Xboxとバランスを取るために、創造性を育て、子供を外に連れ出すことができ、そして、すごく楽しい贈り物をいくつかあげてみる。
近年、スマートフォンやタブレット端末を親子で使用する機会は増えている。こうした状況を受け、長時間にわたる使用は健全な子供の成長を妨げるとして、日本小児科学会が「スマホで子守をさせないで」との呼びかけを始めた。しかし、日々の子育ての中、子供がぐずったり、手が離せない時など、親にとって使用せざるを得ない場面は少なくない。どうしたら、バランス良い付き合いができるのか。何気なく選んでいる知育アプリがどのように開発されているのか。口コミなどで人気が広がり、2年間で13本の知育アプリが500万以上ダウンロードされたベンチャー(東京都品川区)を訪ねた。
アメリカ人であれば、感謝祭のディナーの後に酔いつぶれてしまいたいと思うことは、アップルパイと同じくらいアメリカ的なものだ。なんとなく落ち着かない場所でうたた寝をするのが失礼だと思うなら、子どもたちを見習えばいい。
『産経新聞』が掲載していた「性暴力で年少者を支配する施設の子供たち...虐待、DV、性刺激の末に」という記事がいろいろ興味深かったので、これについて少し。
少し前の記事ですが、『PRESIDENT Online 』に掲載されていた「すれ違う『婚活難民』 女が男に求める"人並み"以上の年収とは?」という記事がいろいろ興味深かったので、これについて少し。
ハワイの人々、特に30代、40代以上の男性が、とても上手に歌える日本の歌があります。それは何だかご存知ですか? 「電流火花が...♪」 というフレーズで始まるこの曲、日本の人々からすると、ややレトロとも思われるでしょうが、人造人間キカイダーのオープニング曲、「ゴーゴー・キカイダー」なのです。
東京都葛飾区の東京拘置所で一般向けイベント「矯正展」が10月12日、開かれる。2012年から始まり、今回で2度目。昨年は大人気だった拘置所の食事を再現した「プリズン弁当」が、さらにメニューも増えて登場する。東京拘置所では、「イベントを通じて矯正に対する理解を深めていただければ」と開催に力を入れている。
子供の死は悲劇だ。最悪のことが起きて、子供を亡くしてしまった両親は、生前の姿をはっきりと記憶していたいと望むことが多い。
性にまつわる情報なんてものは、その大半が曇りがかっているもの。ならばと、その殆どをシャットアウトしてしまう。「子どものことを思って正しい性知識を」と口を揃えるのだろうが、言うまでもなく自分の股間の洗い方を知らない30代は、正しい性知識とはもっとも遠いところにある。