kodomonohinkon-taisaku

「たった3日間の短い時間だけでも、自分を大切に思ってくれる人がいることを実感してほしい」(あすのば代表理事小河光治さん)
貧困家庭の子は無利子であっても、『借金』として奨学金を借りることに対しては抵抗を感じる場合が多い。(NPOキッズドアの渡辺由美子理事長)
学校法人順正学園は昨秋から、子どものいる生活困窮世帯を支援する取り組みを宮崎県内で開始した。食品を届けるフードバンクと、学習支援が柱。
「子どもの相対的貧困率」は2012年には過去最悪の16.3%までのぼり、実に6人に1人の子どもが相対的貧困状態にある。
離婚した母子世帯の2割しか、元夫から養育費の支払いを受けていません。どうすればきちんと支払われるようになるのか、集まった意見をもとに考えます。
インクルージョンネットかながわでは、先月から"Spaceぷらっと"という「子どもの学習支援+居場所+みんなでご飯」をコンセプトにした新事業をスタートさせました。
日本の貧困化が進んでいる。2014年7月に発表された「平成25年国民生活基礎調査」によると、18歳未満の子どもの貧困率は16.3%と過去最悪を更新。「日本は平等で貧富の差がない」というのが私たちの“常識”だったが、最新のデータはそれを裏切る結果となっている。国立社会保障・人口問題研究所の阿部彩・社会保障応用分析研究部部長が日本の貧困の実態やその背景について語った。
先進国で最悪になっている「子どもの貧困」をめぐる報道がこの数日めまぐるしい。貧困問題に取り組むめざましい報道活動を表彰する「貧困ジャーナリズム大賞2014」が昨夜(9月4日)発表されて、子どもの貧困問題について連載を続けている栃木県の下野新聞やネット上で生活保護問題を発信しているフリー記者みわよしこさん、生活保護について国の政策決定の不可解さを検証した東京新聞などが入賞した。
親から子への「貧困の連鎖」を断ち切れ――。「子どもの貧困対策法」が19日、参院本会議で可決、成立した。貧困の連鎖を防ぐための対策を国の責務とする。年内に施行される見通しだ。貧困世帯にいる18歳未満の子どもは15.7%(2009年)。「団塊ジュニア」と呼ばれる世代が中高生だったころの貧困率も12.9%(1988年)と、決して低くなかった。現在、約6人に1人の子どもが貧困とされる水準で生活する、子どもの貧困大国ニッポン...