kodomotakushoku

支援が必要な家庭に物資を定期的に届ける取り組みを行っている「こども宅食」。その目的は、ただ物資を届けることだけではありません。
「こども宅食を恒久的な制度にしていきたい」。会長の稲田朋美議員が「こども宅食推進議員連盟」設立総会で、その決意を述べました。
緊急事態宣言は解除されたが、経済的ダメージは根深い。支援を届け、そこで捉えたニーズをさらに違う支援につなげていく。そういう活動が必要だ。
日本にいる300万人の外国人。日本の“血統主義”は彼らの「つらい」を助長してはいないか。
「支援が届かない又は届きにくい子供・家庭への配慮」が入ったことは、大きな一歩だった。けれども……
日本の食品ロスの1割をマッチングできれば、全国の子どもの7人に1人に1年間ほぼ毎日給食一食分の食品を届けることができます。
文京区内で宅食を希望する世帯に、2か月に一度10キロ分の食料を届けるものだ。