koizumisusumujiro

小泉進次郎氏が現在作成中という、3.11仕様の新しいポスターが話題だ。
首都の「政治」を決める都知事選ががぜん面白くなってきた。不謹慎という批判はあるかもしれないが、政治を「劇場」にたとえる見方は古くからある。残念ながら、庶民は時流に流されやすく、選挙でも候補や政党の細かい政策よりも見た目や話し方などの印象や世の中のムードに反応しやすい。
小泉進次郎衆院議員が、都知事選で舛添要一氏を応援しない考えを明らかにした。要請があっても応援にはいかないという。
1月12日告示された名護市長選を見る一つの視点として、沖縄県民ではないヤマトンチュ・小泉進次郎議員の演説と、沖縄に住むウチナンチュ・稲嶺進名護市長による演説、それぞれの思いを紹介しよう。
小泉進次郎復興政務官は15日、父親の小泉純一郎元首相の「原発ゼロ」発言について、自民党内で議論を始めるべきだとの考えを示した。
復興庁の小泉進次郎政務官は10月19日、東日本大震災の津波被害を受けた震災遺構の保存について、「地元の理解があって残す意味があるものは、なんとかしたいという問題意識を持っている」と述べ、国として検討する意向を示した。岩手県宮古市の震災遺構「たろう観光ホテル」の視察後、同県岩泉町内で記者団に答えたことを岩手日報が報じている。
小泉純一郎元首相の「脱原発」発言が波紋を広げる中、息子の小泉進次郎内閣府・復興政務官は10月7日、原発問題に関して「国民の間で釈然としない気持ち、なし崩しに(原発依存に)行っていいのかという声が脈々とある気がする」と話し、純一郎元首相に理解を示した。名古屋市の講演で、小泉元首相の「脱原発」発言について質問され、答えた。朝日新聞デジタルなどが報じた。進次郎氏はまた「自民は原発推進政党ではない...
月5日に沖縄県で米軍ヘリが墜落した事故について、小泉進次郎・自民党青年局長が「東日本大震災で救難活動をしたトモダチ作戦で使われたヘリだと報じてほしい」と発言したと報じた記事に対し、「事故死者に追悼の意を表したり救難行為に感謝するのは賛成」「当事者意識がない」など40件を超えるコメントが寄せられた。
自民党青年局長の小泉進次郎氏は、沖縄県で米軍ヘリが8月5日に墜落した問題に触れて「東日本大震災で救難活動をしたトモダチ作戦で使われたヘリだと報じてほしい」とマスコミに注文を出した。8月7日、党の外交・国防合同部会終了後に、党本部内でマスコミの取材に応じた際に話した。
「批判があるのは政治家の宿命」――。 安倍晋三首相と民主党の細野豪志幹事長がFacebook上で論争を繰り広げていることについて、自民党の小泉進次郎氏は首相のFacebookでの個人攻撃に対し「個人の名前を挙げて反論、批判はすべきじゃない。(首相への)批判はあって当たり前で、受け止めながらやっていかないといけない」...