kokkaanzenhoshokyoku

アメリカ政府による個人情報収集活動を暴露したアメリカ中央情報局(CIA)の元職員エドワード・スノーデン容疑者が入手した未公表の機密資料に基づいた本が今月、日本を含む世界各国で発売される。
アメリカ国家安全保障局(NSA)の情報収集活動などを暴露したCIA元職員スノーデン容疑者は、NSAが安全保障上の目的だけでなく、産業スパイとしても活動していると証言した。
米国家安全保障局(NSA)の元契約職員、エドワード・スノーデン容疑者は、ブラジルでのNSAの監視活動について同国議会が捜査を進めていることに関し、協力する意向を示した。しかし、ブラジル政府は17日、亡命を認めることは検討していないと明らかにした。
米ワシントンDC地区連邦地裁のリチャード・レオン判事は16日、国家安全保障局(NSA)による一般市民の通話記録収集について、違憲の可能性が高いとの判断を示した。
今年6月から、元米CIA職員エドワード・スノーデンのリーク情報を元にした、米英の情報機関(米国家安全保障局=NSA,英政府通信本部=GCHQ)による大規模な監視・盗聴活動が暴露報道されてきた。当初は英ガーディアン紙、米ワシントン・ポスト紙が主導し、その後世界各国のメディアが次々と報道を続けている。
ハフィントンポスト各国版11月2日のスプラッシュを紹介します。スプラッシュとは、ハフィントンポストのトップ記事のこと。アメリカ・ロサンゼルス国際空港で銃乱射事件が発生、保安検査を担当する運輸保安庁の職員1人が死亡しました。犯人も撃たれて重体です。フランスのブルターニュ地方では環境税導入に反対するデモが暴徒化、混乱が拡大しています。
米国の諜報機関による外国要人の盗聴問題に関して、徐々にではあるが盗聴の具体的な手法が明らかになってきた。各国の米国大使館を拠点として、携帯電話の電波を直接受信したり、相手の携帯電話にスパイウェアを忍び込ませる手法が用いられているという。
日本版NSCの設立に関する法案の、実質的な審議が始まる。安倍首相は、今週中に法案を衆院通過させ、11月中旬までの成立を目指すという。しかし、野党からは与党のペースで国会運営が進むことをけん制する動きがあるため、この議論が迅速に進むかが、今国会の鍵を握りそうだ。
ハフィントンポスト各国版10月27日のスプラッシュを紹介します。スプラッシュとは、ハフィントンポストのトップ記事のこと。ドイツ版とスペイン版では、大きな波紋が広がるドイツ・メルケル首相の電話盗聴疑惑の続報を伝えています。オバマ大統領はメルケル首相に「私は知らなかった。知っていたら止めさせていた」と釈明、謝罪しましたが、メルケル首相の怒りは収まっていません。そして、アメリカ中央情報局(CIA)と国家安全保障局(NSA)が、世界中に80ヶ所のスパイ用施設を保有していたことも発覚しました。
米国家安全保障局のアレキサンダー長官は、Black Hatセキュリティー・カンファレンスの壇上で、NSAのやっていることは合法かつ有効で何ら議論を呼ぶものではないと再度語った…