kokkaigiin-ikukyu

進路について悩んだ学生時代を振り返り、女性国会議員として将来の結婚や子育てといった悩みを語りながら「皆さんも社会の動きに関心を持って」と熱く語った。
スペインの女性政治家が、自分の赤ちゃんを国会へ連れて行った。でも、彼女だけじゃない。
国会会期中に育児休暇を取る意向を表明していた自民党の宮崎謙介衆院議員が、同党の国会対策委員会の幹部から「国会議員全体の評判を落としている」などと注意されていたことがわかった