kokkyonakiishidan

感染の拡大を防ぐための、こうした社会的メカニズムが機能していないのがアフリカである。現地で患者の治療にあたる「国境なき医師団」の医師たちからは、流行地域の村々へ入ることを拒否されたとの報告が上がっている。
世界保健機関(WHO)は、西アフリカ諸国で流行するエボラ出血熱対策を同地域の保健相と話し合う緊急会合を開いた。エボラ出血熱は、高熱、嘔吐、出血、下痢などの症状を伴い、致死率は最高90%。血液など体液との接触を通じて感染する。 WHOによると、2月以降、ギニア、リベリア、シエラレオネで合計467人がエボラ出血熱で死亡、史上最悪の状況となっている。 しかし、資金不足
数カ月からアフリカのギニアで始まったエボラ出血熱の感染は、現在西アフリカ全域で拡大している。現地で治療に当たっている国際医療支援団体「国境なき医師団」は6月20日、流行が前例のない勢いで広がり、制御できない状況に陥っていると発表した。
結核と戦うためには革新的な治療法が必要だ。効果の確かな治療。現代医学の暗黒時代から掘り起こされた、使い回しの、「まあ、何もしないよりはましだろう」という程度のものではない治療だ。
ごく普通の生活を送っていた市民が、2013年末から数週間にわたる紛争で深刻な影響を受けている。病院や市場が破壊され、大勢の避難者を受け入れている地域社会の圧力が高まっている。視察の結果、私は次の結論に達した。南スーダンの人道上の危機はまだ数ヵ月続き、人びとには、あらゆる援助が必要となるだろう。
中央アフリカ共和国(以下、中央アフリカ)がこの数ヵ月、武装勢力の対立による暴力の激化に苦しんでいる。しかし被害者に向けられた国連の人道援助はあまりにも少なく、あまりにも遅いと言わざるを得ない。
ジョー・バイデン米副大統領が、環太平洋パートナーシップ(TPP)協定交渉の年内妥結を目指し、東京にやって来る。日本のメディアの関心は農産品の関税に集まるかもしれないが、内部告発サイト「ウィキリークス」が先月末に公開したTPPの交渉文書を見る限り、この協定は、保健衛生と医薬品の入手問題にもさまざまな悪影響を及ぼすことになる。
ロシアと米国の両政府が仲介した合意を受けて、国際医療・人道援助団体である国境なき医師団(MSF)は、紛争被害を受けた数百万人のシリア人に対する人道援助の大幅な拡大を最優先するよう、両政府に呼びかけている。
シリアを巡る外交議論は主として、首都ダマスカスの東、グータにおける先ごろの化学兵器使用に焦点を当てている。しかし、その間も近隣住民は連日の爆撃にさらされ、道路封鎖で生命の維持に必要な食糧・医療から隔てられている。人道援助は国際調停の議題に上がってすらいない。
シセルウェニ地方でPMTCT B+が始まって半年。HIV検査率を高め、2013年から4年間で、2000人以上の妊婦・授乳期の母親にARV治療を開始することが目標だ。さらに将来的には、MSFが緊急援助の役目を終えて、この国に活動を引き継ぐ日、スワジランド国民自身の手で対策が継続される日が待たれる。