koku

レッドブル・エアレース・ワールドチャンピオンシップで、2017年にアジア初の王者となった室屋義秀さん。東日本大震災での被災を乗り越え、“操縦技術世界一”を目指す男が考える、航空産業の未来とは──。
女性の客室乗務員の制服として初めて「パンツスタイル」を採用したJAL。“多様性”を尊重することを意識したという。
「海外で働く」と決めたものの、実際どこの国に行くのか、どんな仕事をするかなどの具体的な考えはありませんでした。
ANAは羽田0時発の格安料金の沖縄便「ANAギャラクシーフライト」を就航させた。8月末までの期間限定だが運賃は日中のフライトの半額以下だ。
北大西洋の上空では、北アメリカとヨーロッパとの間を行き来する飛行機が、毎日2000~3000便も飛び交っている。これらすべての飛行機が、どうやって混乱せずに航行できるのか、不思議に思ったことはないだろうか?
航空券の比較検索サイトのスカイスキャナーは、日本人に人気の上位9カ国地域と日本国内の航空券の、予約に最適な時期について調査を行い、結果を公表した。
ソチ五輪男子フィギュアスケート金メダリストの羽生結弦選手(19)が24日、羽田空港で行われたANAグループの新制服発表会に出席。五輪でも使用した楽曲「パリの散歩道」にのって颯爽とタラップに登場し、世界最高得点をマークした“決めポーズ”を披露した。
政府専用機として長く使われてきたジャンボジェットの後継は何になるのか。2014年内の選定に向けて、アメリカのボーイングとヨーロッパのエアバスの2社が受注に向けてしのぎを削っている。後継機は、ボーイングの大型機777-300(長距離型)と、エアバスの最新型機A350の一騎打ちになる公算が大きいという。
三菱地所と日本空港ビルデング、ロイヤルパークホテルホテルズアンドリゾーツは、羽田空港国際線ターミナルに、2014年9月末に「ロイヤルパークホテル ザ 羽田」を開業すると発表し、マスコミ向けにモデルルームの内覧会を開催しました。
このところボーイングとエアバスの両社はかつてない規模の大型受注に沸き立っている。背景にあるのは、世界の航空機市場の急拡大である。航空機市場の拡大は、ボーイングに部品を納入している日本メーカーにとっては喜ばしい話といえる。だが視点を変えてみると、日本経済は世界の航空機市場から完全に取り残されつつあるという現実も見えてくる。