kokusaikyosoryoku

「ヘルス」と「イノベーション力」で上位に。
アジア各国の国際競争力では、シンガポール(2位)、日本(8位)、香港(9位)が、世界の上位10位以内に入っています。
今後、30年程度を見越して重要と見なされるにもかかわらず国際競争力が低いとされる科学技術領域が、2日公表された科学技術・学術政策研究所の「分野別科学技術予測」で浮き彫りになった。
今年、平成26年度総合研究「福岡の国際競争力に関する研究〜IRBC参加非首都6都市の比較分析〜」報告書をリリースしました。番組で久保さんにお話頂いたコメントを交えながら、研究内容をご紹介いたします。
現在のところ橋下徹氏と大阪維新の会は大阪人の期待に応えてはいません。彼等には大阪人の期待に応えるどころか、いっそ大阪から世界を変えるのだというくらいの気概を見せて大阪人の期待を上回ってほしいところです。
日本は世界競争力ランキング(総合順位)を前年より3ランク上げ21位となり、その理由として、経済政策(アベノミクス)の円安効果によって輸出競争力が向上したことなどが挙げられている。