kokusaisakkarenmei-maradona

国際サッカー連盟(FIFA)の汚職事件をめぐり、ゼップ・ブラッター会長は5月28日にスイスで行われた総会の冒頭で演説を行い、「私にはFIFAのイメージを回復させる責任がある」と述べ、辞任要求を拒否した。
国際サッカー連盟(FIFA)を巡る汚職事件について、サッカーの元アルゼンチン代表のマラドーナ氏は5月28日、自身のFacebookにFIFAのブラッター会長の写真を載せ、英語やスペイン語、イタリア後の3カ国語で「泥棒」と述べ、痛烈に批判した。