kokusaisakkarenmei

「収入格差を今すぐに廃止すべきだ」満場一致で可決。
2018年と22年のサッカー・ワールドカップを巡って汚職疑惑に揺れている国際サッカー連盟(FIFA)。記者会見場にコメディアンが乱入し、セップ・ブラッター会長に札束を投げつけるハプニングがあった。
日本は刻々と死の商人になろうとしているのか。
2018年W杯の予選は始まったばかりだが、ロシアでは、大型スタジアムの建設が進められ、プーチン大統領の取り巻き財閥らが、巨額の利益を得るシステムになっている。
サッカー元ブラジル代表のジーコ氏が、FIFA会長選に立候補することを表明した。「これは私の義務だ」と述べたという。
国際サッカー連盟(FIFA)のゼップ・ブラッター会長(79)が6月2日、スイスのチューリヒで緊急の記者会見を開き、会長辞任を表明した。
国際サッカー連盟(FIFA)のブラッター会長が辞任表明したことを受けて、サッカー元日本代表監督のジーコ氏は6月2日、自身のフェイスブックに「私はFIFAに立候補することができる」と投稿し、会長選挙への出馬に関心を示した。
国際サッカー連盟(以下FIFA)の次期会長は、今後のW杯開催国に対し基本的な人権規範の遵守を確実に義務づけるべきだ、と本日ヒューマン・ライツ・ウォッチは述べた。
国際サッカー連盟(FIFA)のゼップ・ブラッター会長(79)が6月2日、スイスのチューリヒで記者会見を開き、会長辞任を表明した。
不正行為と汚職疑惑で複数の幹部が逮捕され揺れる国際サッカー連盟(FIFA)。テレビ放映権と国際スポンサーシップなどから巨額の収入を得ているFIFAが「利益を目的としない非営利団体」と名乗っていることをご存知だろうか。