kokusaisakkarenmei

国際サッカー連盟(FIFA)のゼップ・ブラッター会長(79)が6月2日、スイスのチューリヒで緊急の記者会見を開き、会長辞任を表明した。
国際サッカー連盟(FIFA)のブラッター会長が辞任表明したことを受けて、サッカー元日本代表監督のジーコ氏は6月2日、自身のフェイスブックに「私はFIFAに立候補することができる」と投稿し、会長選挙への出馬に関心を示した。
国際サッカー連盟(以下FIFA)の次期会長は、今後のW杯開催国に対し基本的な人権規範の遵守を確実に義務づけるべきだ、と本日ヒューマン・ライツ・ウォッチは述べた。
国際サッカー連盟(FIFA)のゼップ・ブラッター会長(79)が6月2日、スイスのチューリヒで記者会見を開き、会長辞任を表明した。
不正行為と汚職疑惑で複数の幹部が逮捕され揺れる国際サッカー連盟(FIFA)。テレビ放映権と国際スポンサーシップなどから巨額の収入を得ているFIFAが「利益を目的としない非営利団体」と名乗っていることをご存知だろうか。
ブラッター氏の責任を問う声も上がる中で、国際サッカー連盟(FIFA)の会長に再選したのはなぜか? その理由を調べてみた。
国際サッカー連盟(FIFA)の汚職事件をめぐり、ゼップ・ブラッター会長は5月28日にスイスで行われた総会の冒頭で演説を行い、「私にはFIFAのイメージを回復させる責任がある」と述べ、辞任要求を拒否した。
国際サッカー連盟(FIFA)を巡る汚職事件について、サッカーの元アルゼンチン代表のマラドーナ氏は5月28日、自身のFacebookにFIFAのブラッター会長の写真を載せ、英語やスペイン語、イタリア後の3カ国語で「泥棒」と述べ、痛烈に批判した。
スイスの司法当局は5月27日、国際サッカー連盟(FIFA)の幹部ら6人を汚職容疑で逮捕した。メディアや広告会社から賄賂を受け取った疑いがあり、賄賂の総額は1億ドル(日本円にして120億円)を超えるとみられている。
国際サッカー連盟(FIFA)は7月17日、最新の世界ランキングを発表、ワールドカップ(W杯)ブラジル大会で1次リーグ敗退の日本は、前回から1つ上げて45位となり、アジア連盟最上位となった。