kokusaitsukakikin

中国政府はリーマンショックの余波を受け、国際通貨の役割を果たす上で欠かせない計算単位、支払手段、価値保蔵の三つの機能を充実させてきた。
このところ中国は矢継ぎ早に金融制度の改革を実施しており、前回は見送りに賛成した欧州各国も今回は支持に回っている。
ギリシャ国内の銀行が7月20日、3週間ぶりに営業を再開した。
国際開発金融機関(MDBs)と国際通貨基金(IMF)は持続可能な開発目標(SDGs)の達成というかつてない課題の達成のため、官民で協力していくことを表明した。
この秋、国際通貨基金(IMF)の特別引出権(SDR)の比率が見直しされます。これを機会に中国は、SDRを構成する通貨バスケットに人民元も加えてもらいたいと考えています。
灼熱の太陽が、超高層ビルのガラスに反射する。3本のビルのてっぺんに船を載せたような奇抜なデザインのホテルが、水面に姿を映している。人口わずか530万人の都市国家シンガポールは、アジアの金融センターとして、欧米、アジアから多くの企業を磁石のように惹きつけている。正にアジアの昇竜である。
ギリシャで1月25日に行われた総選挙で、ギリシャのTV局の出口調査によると、財政緊縮政策に反対する最大野党の急進左翼進歩連合(Syriza)が大差で勝利を収めることが確実となった。
アメリカの通信社「ブルームバーグ」は、欧州委員会、欧州中央銀行、国際通貨基金(IMF)のいわゆる「トロイカ」と呼ばれる3つの機関がギリシャの財政状況にとって逆効果になりかねない不合理な政策を要求していると批判した。
20カ国・地域(G20)首脳会議は16日、首脳宣言を採択し閉幕した。 議長国オーストラリアのアボット首相は、今後5年間で域内総生産(GDP)を2.1%ポイント引き上げる行動計画で合意したと表明。
ワシントンで開かれた20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議では、世界経済、とりわけデフレに直面しているユーロ圏経済が大きなテーマのひとつとなった。