komasharu

「こんなクレームが増えるから、面白いことがやりづらくなった」とかの問題ではない。
子どもは日常的に多くの広告に晒される環境に置かれている。
日本で撮影現場のごはんと言えば、いわゆる「ロケ弁」。一方、アメリカの映画、テレビ、CMなどの現場では、ロケ弁は出てきません。
米国で多数のTV局が、CMの時間を増やすためドラマや映画を「加速再生」していることが話題となっています。場面やクレジットをカットすることが古くから慣行だったが...
2月1日に開催された第49回NFL優勝決定戦「スーパーボウル」。試合と同じくらい人気のスーパーボウルのCMを見逃してしまった人のために、ハフポストUS版が2015年のスーパーボウルで放映された必見CMを集めた。
ベネズエラに一つ、日本との共通点があるとすれば野球が盛んな国という点でしょう。ですが、ベネズエラでサッカーが不人気というわけではありません。
全米一のビッグイベント「スーパーボウル」は、高視聴率を叩き出す。試合の合間に流れるCMは、超大作広告ばかりである。多くのスーパーボウル視聴者にとって、デンバー・ブロンコス対シアトル・シーホークスの試合は、コマーシャルの休憩中に起こった出来事だったのかもしれない。
クリスティアーノ・ロナウド、リオネル・メッシ、ウェイン・ルーニーたちが揃って、サムスンの新しいテレビ広告「Galaxy11:The Beginning(ギャラクシー・イレブン:はじまり)」に出演している。
スウェーデンのUNICEF協会が、同国の広告代理店フォースマン&ボーデンフォース社の協力を得て、人々からあつく尊敬されている歴史上の人物3名が登場する豪華なキャンペーン動画を作成した。
コマーシャルを見てつい泣いてしまった時、そのCMは目的通りの効果を発揮したと言える。その効果とは、われわれの心の琴線に触れ、感情を高ぶらせ、広告を提供した企業に対して温かい気持ちにさせることだ。