komuin-tekiseihyoka-tsuinreki

臨時国会で特定秘密保護法が成立しました。この特定秘密保護法について、例えばこの法案を廃案にしたほうがよいのではないかというメール等をいただきました。また、この法案は基本的人権を損なうのではないかというようなご指摘もありました。本当にそうでしょうか。
特定秘密保護法案で、特定秘密を取り扱う公務員らに対する適性評価のため、行政機関から照会を受けた病院には過去の通院歴などを回答する法的義務があるとの見解を示した。臨床の最前線の現場にいる医師としては、今回の政府の見解は、ただでさえ弱い立場にある患者の権利を蔑ろにするものとして承服しがたく感じている。