komuro-keiko

ひさしぶりの2ショットに、ファン歓喜。
音楽プロデューサーの小室哲哉さんが15日、5年前にくも膜下出血を起こして療養している妻で音楽ユニットglobeのボーカル・KEIKOさんへの思いを自身のTwitterにつづった。
1990年半ば、小室哲哉のプロデュース楽曲がオリコンチャートの上位を埋め尽くすなどし、その現象は「小室ブーム」と呼ばれた。小室が手がけた曲と、それを歌った主なアーティストを紹介する。