komyuniti

今回は「B to C 型コミュニティ」と「B to B 型コミュニティ」の違いについて整理します。
都市というゲームの外に置き去りにされた人は、存在していることさえ思い出されることは少ない。
日頃から「コミュニティってなんだろう」ということを、ぼんやりと考えてきました。「コミュニティ」について感じ、考えていることを書いてみます。
現代社会の"箱から出る"ためには。
子どもたちに、大学生、お父さんお母さん、おじいちゃんおばあちゃんまで。
メディア関係者であれば手に取った方もいるかもしれない、雑誌『編集会議』2015年秋号の特集の扉ページでこのようなことが書かれていました。特集は「編集2.0」。
安全保障関連法案について国民の多くが「議論が深まっていない」と考えているのは、インターネット上でも、実は「フィルターバブル」の中で似たような意見ばかりが情報として入ってくるだけだからではないでしょうか。
会社の垣根を越えてオウンドメディアの担当者がわりとぶっちゃけトークをするという会の特性上、具体的には書けないのですが、ざっくり各回のテーマはこんな感じです。
香川県の高松港からフェリーで約40分、瀬戸内海に浮かぶ男木島(おぎじま)という小さな島があります。「瀬戸内国際芸術祭」の舞台のひとつとしても注目を浴び、観光客の往来も盛んです。
ソーシャルメディアで人とつながるのに大事なのはメッセージ。見知らぬ人と"つながり"は持てないだろうが、ソーシャルメディアを通して発信されたメッセージがコミュニティをつくり、広げていく。